当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
ご挨拶

「医療」とは、人間の健康の維持、回復、促進、病気の状態に対して回復させるか悪化を阻止しようする行為などのことをいいます。法律的な資格により医師が中心にとなって行われますが、美容上の目的をもって行われる手術など医師の行う行為一般に関しても、最も安全で確実な技術を提供できると期待され、施設・器材も病気の医療のためのものと共用できることなどから、それらの行為を限定した上で医療の定義のなかに入れられることもあります。

医療行為とは、人の傷や病気の治療・診断または予防のために、医学に基づいて行われる行為です。そのような業務に従事する者を医療従事者と呼びます。対象者の生命・身体・精神の根幹に関わるものであるため、他の職種と比較しても特に高い専門性が要求されます。ただし、専門的知識を持っていることも大事ですが、さらに患者さんの生活を支援するために、患者さんの個性・生活を知ることも重要であり、「人が嫌いでないこと」「人間としての経験を積むこと」「知識を使うことの責任を知っていること」「変化に対応し自分自身を変えてゆく能力」などが求められているともされています。

「チーム医療」と言う言葉が医療現場では近年よく使われるようになりました。

一昔前は、薬剤師さんは薬局にこもって調剤をし病棟に来ることはめったにありませんでしたが、今は薬剤師さんが患者さんのベッドサイドへ行き、お薬の説明や服薬指導を行っています。
栄養士さんも、同様です。調理場にこもることはなく病棟や病室にも姿を見せて、患者さんに「食べられていますか」などと声をかけたり、医師や看護師と相談して食べやすいメニューを考えたりする時代になりました。

患者さんの中には、医師には丁寧にお礼を言い、医師の指示は良く守るけれど、薬剤師や栄養士は医師よりも一段下のように見下す人が少なくありません。
また、待たされた苦情や夕食の時間をもっと遅くしてほしいなどの要望を、医師や看護師には言えないのに、事務員や栄養士には理不尽な言いがかりをつけるたり、無理な要求をする人も時々見受けられます。

しかし、医師も看護師も事務員や栄養士に色々と助けられて診療を行っています。

バレーボールで言うと、薬剤師や栄養士、事務員はレシーバーで、医師はスパイカーといった感じで、医療は多くのスタッフが互いに協力し合あって成り立っています。

どんなに腕のいい外科医でも、看護師や事務員、検査技師、栄養士などのスタッフがいなければ手術はできません。
そして電力会社やガス会社、水道局、製薬会社等が電気やガスや水、薬剤など手術に必要なものを供給・提供してくれないと、外科医も単なるおじさんやおばさん、お兄さんやお姉さんにすぎません。

企業PR広告
上田鍼灸整骨院<西東京市>
上田鍼灸整骨院は、東京都西東京市の西武池袋線ひばりヶ丘駅から徒歩1分で整体も行っています。
最新の投稿
投稿日:2018年4月16日
アイデンティティの本拠地豊島区北大塚は意外と病院が多いです!
アイデンティティの本拠地東京都豊島区北大塚を拠点に活動をしていますが、意外とこの大塚周辺には病院が多いことでほっとします。先日も体調不良で寝込んでしまった時もこの時は近くの町医者に行ったのですが、対応も良く待ち時間も体調が悪い時は特に気を使... 続きを読む
投稿日:2018年4月13日
軽井沢だからこそ活用するべき建築方法
現代に建築では、柱も梁も見えない構造が多いでしょう。大壁づくりとも言われますが、すべてを隠してしまうように内装を張り巡らしていきます。建築方法としては、一般化してきましたが、使われている構造材を表面に出さないため、なにが使われているかがわか... 続きを読む
投稿日:2018年4月5日
パートとして医療事務への転職を探してJimutenさんを
結婚前にもJimutenさんを利用して仕事を探した経緯があって、今回も期待して登録させていただきました。
ただしその時とは状況が変わって、子供もいるのでパートとして医療事務の転職を探していたのでそう簡単にこちらの都合に合う職場を見つけること... 続きを読む
投稿日:2018年4月4日
横浜のオーディオ買取専門店が推奨する不用品早期売却の理由
オーディオファンだからこそ理解できる、関連機器への愛情と愛着、そして興味のない方々には理解が難しい、独自の価値観は、とても限られた時間とスペースでは語り尽くせません。そしてこうした熱心なマニアに共通する思いとして、自身の愛器をより的確に評価... 続きを読む
投稿日:2018年3月9日
横浜で安く解体工事をしてもらえる業者さんを探すと
横浜の実家に戻ってきて両親と一緒に暮らすことにしました。
昨年は母が入院して今年に入ると今度は父が入院することになり、二人とも命には別状ありませんが60歳を超えているのでそろそろ親孝行をしなければと思い、妻の了承も得て同居を決意しました。
... 続きを読む