東京都|外出前の適度な運動でケガを最小限に抑えられる 西荻窪整骨院

【無料の企業PR広告】
■該当件数9件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次へ>
TOP > 東京都 > 西荻はればれ接骨院

外出前の適度な運動でケガを最小限に抑えられる 西荻窪整骨院



外出されるときに、足首や手首、膝や腕、首回り、肩周りを
少し回したり、動かしたりすることだけでも、ケガの予防になります。

人は、身体が倒れそうになったりすると、瞬時に手や足が出ます。
これが、人間の身体を守ろうとする本能です。

確かに、足や手は日々動かすので、多少たりとも筋肉が鍛えられたりできますが、

特に顔は、筋肉は無く、皮膚と骨ばかりなので、打ち所が悪いと、
死に至ります。

その顔を守 るために、まず手が出るのが、自然です。

この手が顔を守ろうとする行為が、身体全体を手が支えるようなもんなので
体重に対してであると、細い腕となるので、骨折したりします。

しかしながら、軽ければ、腕や手で支えられるのですが、
運動して可動域が広がっていないと、領域オーバーの筋肉の動作により、
捻挫したりすることが有ります。

外出時には、少しでも準備運動をするだけで、万が一の時に、
重症ではなく、軽症で済むこともあるので、


是非、外出前には準備運動を習慣化してください